浦和レッズレディースとレッズレディースユース

浦和レッズレディースとレッズレディースユース

浦和レッズレディースとレッズレディースユース

29日、さいたま市内のホテルで「公益財団法人埼玉県サッカー協会功労賞表彰式」が開催され、プレナスなでしこリーグ2014で年間優勝を果たした浦和レッズレディースと、昨年のFIFAU-17女子ワールドカップコスタリカ2014で初優勝したU-17日本女子代表のメンバーだった、浦和レッズレディースユース所属のGK松本真未子、DF南萌華、DF遠藤優、MF長野風花の4人が表彰を受けました。レッズレディースからはチームを代表して、吉田靖監督が出席し、5人はそれぞれ賞状と記念品を受け取りました。
この賞は、埼玉県サッカーの振興や発展に大きく貢献した人物、チームを表彰し、その努力や功績をたたえるもので、表彰式は今年で5回目の開催となります。


【吉田靖監督】
「このような素晴らしい賞をいただくことができて、本当にありがたく思っています。これからも浦和レッズレディースの活動を通して、我々の大きな目的の一つである、埼玉県の女子サッカーの発展や普及に貢献していきたいと考えています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】











広告スペース

関連ニュース