日本代表VSオーストラリア

日本代表VSオーストラリア


スターティングメンバー
GK1池田咲紀子選手
DF2高木ひかり選手
DF8坂本理保選手
DF23市瀬菜々選手
DF19北川ひかる選手
MF12猶本光選手
MF7中島依美選手
MF14中里優選手
MF16隅田凜選手
FW9横山久美選手
MF11田中美南選手

途中交代
後半0分
OUTDF2高木ひかり選手
OUTDF8坂本理保選手
OUTMF12猶本光選手
INMF17長谷川唯選手
INDF20大矢歩選手
INDF6宇津木瑠美選手

後半10分
OUTFW9横山久美選手
INFW15籾木結花選手

後半34分
OUTMF7中島依美選手
INMF5櫨まどか選手

出場メンバーはブラジル戦から、大きく変更されているが、ボールを細かく繋げるサッカー、サイドバックを上げてサイドハーフを中央に寄せる戦術は同様に続けられた。

■選手レビュー

高木ひかり選手
コンディションが悪いのか、プレイに精細を欠いていた。パスが雑で相手チームに狙われていた。前半で交代になるのも致し方ない。

市瀬選手
ブラジル戦同様に市瀬選手とSBとの間を狙われて失点を招いた。この試合ではコンディションが終始悪かったが、途中交代はなかった。高倉監督の期待値はとても高いようだ。

猶本選手
自陣から攻撃を組み立てる際にボールをもらいに行く動きが欲しかった。ビルドアップ時に両サイドバックが上がるので、ボランチの選手がDFライン近くまで下がらないと監督の意図する戦術は機能しない。

北川ひかる選手
1失点目は完璧に相手に振り切られてしまったが、高倉監督が意図するサイドバックの動きはできているように感じた。ブラジル戦では途中出場ながら、果敢なオーバーラップでチームに貢献していたが、この試合も攻め込まれながらも強いハートでオーバーラップを何度もしかけて、日本の攻撃を作っていた。

坂本選手
初選出の初先発。2失点目のシーンではボールを持ち直している時にボールを奪われて、失点に繋がってしまった。初先発で緊張している中、DF陣とボランチのバランスが悪くて味方からのフォローがなく、また失点のシーンも中島選手からのボールが遅く、フリーな選手がまわりにいなくて、同情の余地はある。アメリカ戦に出場機会があることを祈る

中島選手
ブラジル戦に続き、チャンスシーンで決めきれなかったのは残念。高倉ジャパンになってから、なかなか代表戦で決めきれていない。チャンスや得点に絡めており、運動量も豊富なので、チームには欠かせない存在になってきている

長谷川選手
ブラジル戦では調子が悪そうに見えたが、この試合では積極的にボールを運び、チャンスを作ったりスペースに走り込んだりと、攻撃の中心選手として活躍していた。
また、ボールを奪われてからの守備の切り替えが早く日本のピンチの芽を摘んでいた。

田中美南選手
前半6分のDFからボールを奪うシーンはお見事。その勢いのままCKからゴールを決めたのも素晴らしい。また、2点目の籾木選手へだしたヒールのアシストもよかった。消えていた時間帯もあるが、2点に絡む活躍。


■チームレビュー
前半、細かいパス囘しのビルドアップが機能していなく、ロングボールを使ったビルドアップに切り替える判断ができていなかった。オーストラリアは人数を掛けてプレスをかけている分、中盤以降は手薄だった。ピッチ内で選手たちの判断で作戦を変更できないと世界大会で勝ち続けるのは難しいだろう。高倉監督もピッチの脇から、ボール回しの指示は出せる状況であったが、恐らく敢えて選手達でこの問題を解決してもうおうという意図で、前半中にはビルドアップ時のボール囘しの指示出しをしなかったようにみえる。
また、前半の3失点目のシーンのように人数をかけた攻撃をしている時のポジションニングのルール決めもできていなかった。鮫島選手が出場している時は人数をかけて攻撃している時のカウンターのケアーを考えたポジショニングができていたが、この試合ではそういう指示ができる選手がいなかったように見える。


このエントリーをはてなブックマークに追加