INAC神戸レオネッサ  vs AC長野パルセイロ・レディース

INAC神戸レオネッサ  vs AC長野パルセイロ・レディース


■チームレビュー
INAC神戸レオネッサ
CB2人を残して、サイドバックを前線にあげる戦術で、ボランチの伊藤美紀選手と福田ゆい選手で後ろからボールを組み立て、中島依美選手が攻撃をフィニッシュにもっていた。
また、前線からのプレスが効いており、ボールを奪われてからの攻守の切り替えが早く、高いボールポゼッションで試合をコントロールしていた。
ただ、サイドバックが前線に上がる分、両サイドハーフがボールを貰うスペースがなく、終始相手DFを引っぱりスペースを作る動きのみで、なかなかボールを持てていなかった。両サイドハーフはもっと相手DFの裏を狙う動きをするといいだろう。

AC長野パルセイロ・レディース
INACの前線からのプレスに苦戦しており、ボールを奪ってから攻撃を組み立てることができずに前線にボールを運べなかった。
短いパスで攻撃を組み立てられない場面でのロングボールを使った攻撃のパターンが必要だろう。

■選手レビュー

INAC神戸レオネッサ

6 MF 伊藤美紀選手
アンカーの位置でゲームを組み立て、攻守で中心となっていた。
相手カウンターの起点を潰したり、DFラインまで深く守ったりして、両SBが上がるINACの戦術をまわしていた。
また、攻撃時も前節ではあまり見えなかった左右に展開するパスやロングボールでINACの攻撃を組み立てていた。
2点目のアシストシーンもハーフウエアライン付近からペナルティーエリア内の中島選手の位置をよくみており、ピンポイントのロングパスだった。

3 DF 鮫島彩選手
左サイドハーフの仲田選手がDFを引き連れて中に入ることで、サイドにスペースができていたので、鮫島選手が活躍する場面が多かった。
余裕を持ったプレイをしていたので、相手チームからのカウンターを喰らうこともなく、攻撃の組み立て方が上手かった。

5 DF 三宅史織選手
守屋選手とともに2人でDFラインをまとめていた。伊藤選手をDFラインまで戻らせたり、自ら相手を止めに行ったりとDF陣の統率をとっていた。

9 FW 増矢理花選手
前線から早めのプレッシングをかけ、長野に攻撃の形を作らせなかった。1点目の得点シーンは相手のボールを奪ってからの
攻撃時もDFラインの裏を狙う動きが何度かハマっており、コンディションが良いように見える。

AC長野パルセイロ・レディース

19 DF 藤村茉由選手
前半は仲田歩夢選手、後半は増矢選手をマークしており、フリーにすることなく要所をおさえていた。
1vs1での間合いが良く、INACのカウンターを止めていた。

14 FW 泊志穂選手
シュートまでの判断が早く、自分の形を持っている。数少ないカウンターをシュートまで持っていた。

7 DF 坂本理保選手
読みが早くINACのクサビを受ける動きをよく止めていた。深追いしずきるシーンもあったが、INACの中央突破を尽く潰していた。

31 GK 望月ありさ選手
多くの枠内シュートを受けたが、ボールキャッチの判断、ボールを弾く判断が良く、こぼれ球を狙っている増矢選手にチャンスを与えなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加