2017プレナスなでしこリーグ1部 第17節 ジェフユナイテッド千葉レディース VS 浦和レッドダイヤモンズレディース

2017プレナスなでしこリーグ1部 第17節 ジェフユナイテッド千葉レディース VS 浦和レッドダイヤモンズレディース


リーグカップ決勝と同じ組み合わせになったジェフユナイテッド千葉レディースのホーム最終戦。
サイドに大きく展開する浦和レッドダイヤモンズレディースの攻撃と中央の守備が分厚いジェフユナイテッド千葉レディースの守りが注目ポイント。

ゲーム序盤は互いに中盤の潰し合いになる。
安藤梢選手がポジションを下げたり、左右に開くが、
千葉の守備陣のマークの引き渡しが上手く、安藤梢選手のポストプレイが機能しない。

また、千葉は奪ったボールから、カウンターを仕掛けたいが、
ボールを奪ってから前への走り出しの判断が遅い。

守備に戻る時の判断は早いが攻撃時の判断が遅く、
いつものようにボールを持った選手が孤立する場面が目立つ。

はDFラインから上手くボールを組み立てている
高畑志帆選手や長船加奈選手がサイドにボールを上手く散らしており、
サイドバックの北川選手が積極的にオーバーラップをしかけて、ドリブルで抜くが
ジェフの守備陣のカバーが早く決定機を作れずにいる。


猶本光選手もボールをもらう動きをしたり裏へ抜ける動きをしながらも、左右に展開して、中盤では強さを見せているが、
ゴール前までは中々ボールを運べない。

ジェフの守備陣は常に1,2人は空いている選手を作るようにして、ドリブルで抜かれた後のカバーがしっかりしている。
ただ、その分ボールを奪った後のカウンターが繋がらずに、奪ったボールからチャンスを作れていない。

は遠目からのシュートや崩し切る前の少々強引なクロスが必要なように見える。

前半は両チームとも決定機を作れずに終了

後半11分
は猶本選手がドリブルでボールを運び、柴田華絵選手がサイドで起点を作り、中で待っていた加藤千佳選手がシュートを打つが、
ジェフGK船田麻友選手が好セーブで防ぐ

後半18分
左サイドを抜けた北川選手がペナルティー外からのアーリークロス、
中央で待っていた菅澤優衣香選手のヘディングシュートはバーに当たる

後半28分
北川ひかる選手と加藤千佳選手で左サイドを崩す。
加藤選手がふわっとしたクロスをあげ、中央で待っていた安藤選手がコースを狙ったヘディングシュートでゴールネットを揺らす


■チームレビュー
・ジェフ千葉
選手を追い抜く動きが欲しいところだ。ボールを持った選手へフォローできる位置へ動く選手と前を狙う選手の役割分担を決めると、組み立てた攻撃ができるだろう。
守備に関してはピンチのシーン、失点シーンともにクロスからのヘディングでのように身体能力の高い選手が揃っているチームにはある程度は仕方ない。
の左サイドバックの北川選手から、何度もクロスを上げられるシーンがあったが、千野選手と瀬戸口選手が何度かポジションが被っており、どっちの選手がボールを持っている選手にアッタクするか迷っているシーンが何度かあった。


・浦和レッズ浦和レッズレディース
筏井選手が試合を通じて上手くバランスをとっており、シーズン序盤でよく見られた攻撃人数を掛けすぎでカウンターをくらうシーンはなかった。DF陣とMF陣のバランスがものすごく良くチームの完成度が高いように感じた。
選手一人一人のスキルも高く、安定したボール運びをしていた。
懸念点を上げるとするなら、安全地帯のボール回しを何本か取られていたことと、シュートに繋がる1VS1の仕掛けが足りなかったことか。

■選手レビュー
DF 2上野紗稀選手
では数少ない、後ろから選手を追い抜く動きができる選手。
安藤選手をよく抑えていたが、奪ったボールを繋げる意識がもう少しほしい。

DF 6 西川彩華選手
の攻撃を正面から受けており、強力な攻撃陣にも負けていなかった。右足、左足共に精度の高いキックを見せており、コンディションが良いように見える。
前半終了間際や後半に何度か奪ったボールでオーバーラップを仕掛けるシーンがあり、攻撃のアクセントになっていた。
ジェフの守備陣はカバーで1人多く残っているので、もっとオーバーラップをしかけても守備のバランスは取れるだろう。

DF 3 櫻本尚子選手
攻め込まれて混戦になっても、最後まで我慢してコースを消す動きに徹底していて、
ストッパ的な西川選手との息があっていた。
失点はしてしまったが、高いボールの反応もよく、高身長が揃うをよく抑えていた。

MF 7 鴨川実歩選手
運動量豊富で何度か攻撃を展開するシーンがあった。
ボールを持って、すぐ縦にボールをけるジェフ陣の中で、ボールを持ってから溜めを作ることができる選手。
鴨川選手を経由して攻撃が作れると、ジェフの攻撃にリズムがでるだろう。

FW 28 成宮唯選手
パスカットできるボールへの反応、判断が早く、の後方のボール回しを奪って、チャンスシーンを何度か作った。
ただ、この試合では決定的なチャンスは作れずに自身もシュートを1本も打てなかった。


・浦和レッズ
DF 4 北川ひかる選手
のチャンスを何度も作った。
足が早く、ジェフの右サイドへの詰めが早く、パスミスを誘っていた。
また、攻撃時も中に切り込むタイミング、サイドを上がるタイミングが見事で、

MF 20 加藤選手
北川選手と共にジェフの右サイドを崩した。
ミドルレンジから積極的にシュートを狙っており、惜しいシーンを何度も作った。
1点目の安藤選手へのアシストもお見事だった。

MF 8 猶本光選手
奪ったボールを繋げられないジェフに激しいプレスをかけ、相手チームのカウンターを潰した。
中央やサイドへ流れる動きをしていたので、マークが甘く自由にプレイをしていた。
また、球際ではフィジカルが強く、中盤でボールを支配していた。

MF 7 筏井りさ選手
右サイドの柴田華絵選手、左サイドの北川選手のことがよく見えており、サイドチェンジのキックも精度がよくの攻撃の起点を作っていた。

FW 30 安藤梢選手
シュートをなかなか打てない厳しい時間が続いたが、勢いのないフワッとしたボールを少し遠目の位置から、ヘディングでしっかりゴールを決めたゴールシーンはお見事。あれを決められたら相手DFはお手上げだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加